hikarieブログ

RX-100M3メーカー修理

   

RX-100M3の悲劇

こんにちは!久々の更新です(;^ω^)

今年の3月に北海道旅行に行ったのですが,バスの集合時間に間に合わないと思って走ったところ…

ポケットに入れていたRX-100M3を盛大に落としてしまいました.

大事にしていたのに…(´;ω;`)

その直後に動作確認をしたときは特に問題はなさそうだったのですが,改めて詳しくチェックすると以下のような症状がありました.

  • モードダイヤルが固くてなかなか回せない
  • 自撮り時に液晶を反転させても,反転を認識してくれない
  • ファインダが歪んでる
  • 傷だらけ(動作に問題はないけれどこれが一番つらい)






日本橋のサービスセンターへ持ち込み修理

ということで,大阪日本橋のサービスセンターに持って行きました.

私が住んでいる神戸からは日本橋が一番近いのですが,1時間くらいかかって微妙に遠い…

もちろん宅急便などで送っても修理可能だそうです.

受付のお姉さんに症状を伝えたところ,後日見積もりの電話がかかるとのこと.

3日後くらいに電話がかかってきました.

見積もりは合計で17,900円でした.

修理代金の内訳

修理代金の内訳

修理代金のポイント

皆さんが気になっているのはおそらく修理代金でしょう.

ソニーは修理代金は基本一律ですが,修理代金が決まる上で重要なポイントがあります.それは…

機能に問題があるかどうか

RX-100M3の一律修理料金は15,000円ですが,適用範囲は機能に障害が出ている部分のみで,その機能に関連している部品のみを修理してもらえます.

つまり,傷などは一律料金に含まれないので,全面についた傷を修理しようとしていた私は涙目だったんですよね(笑)

しかし,結果的にはほとんどの傷は一律料金での適用範囲内で修理できました!

どういうことかというと,機能障害とそれに対応する修理内容が以下のようになっていて…

  • モードダイヤル固い問題 → モードダイヤルモジュールの交換
  • 反転認識しない問題   → モニター一式交換
  • ファインダ歪んでる問題 → キャビネット交換

これ,外から見えてる部分はほとんど交換されるんですよね(笑)

というのも製造コストを抑えるためなのか何なのかは分かりませんが,カメラは小さな部品から作ったいくつかのモジュールを組み合わせて作られていて,小さな部品がダメになってもモジュールごと交換になるんです.

私の場合はいろいろなモジュールでちょっとずつ壊れていたため,ほとんど交換になりました.

もちろん機能に障害が出ているので,一律料金適用範囲内の修理です.

レンズの周りについているリングは機能に支障がないのですが,そんなに高くないので追加料金を払ってついでに修理してもらいました.

結果として,17,900円で故障した部分も直って,外装も新品同様になりました(^^)

「定額料金高いよ~ソニーさん」って思ってたけど,今は「ありがとうソニーさん」って思ってます.

でも,壊れてなくて傷だけだったら追加料金だったんだよね?みんな傷を安く治したい人は壊してから持って行った方がいいんじゃない?(笑)
(※自己責任でお願いします.詳しくはサービスセンターの人に聞いてください.)

修理したカメラが到着

交換済み部品

交換済み部品

このようにご丁寧に交換した部品も頂くことができます(笑)使い道はないですけどね!

ピカピカになって返ってきたRX-100M3…

修理後

修理後

今度は落とさないように気を付けないとね!

 - カメラ, その他, 撮影機材 , , , , , , ,